誰でも簡単!ウィッグのカットテクニック!

コスプレで使ったり、普段のオシャレとして使ったりと、
ウィッグはその日の気分やファッションなどに合わせて身に付けることが定着しつつあります。
そこで、もっと自分に合うウィッグを誰でも簡単にできる方法をご紹介します。

道具の紹介と失敗しないコツ


まず髪の毛をブロックごとに分ける「ブロッキング」という作業をすることから始めます。前髪部分と、頭のてっぺん、後頭部の3つに大きくわけます。それぞれヘアピンやゴム、 ダッカールなどでまとめておくと切るときに楽です。そして切り始めは後頭部から始めます。ロングウィッグや毛の量が多い場合には、後頭部をさらに上下の2つにわけて留めます。 切るときに使う道具は必ず「すきバサミ」を使いましょう。すきバサミを使えば、髪の毛を少しずつ切ることができるので失敗しにくくなります。 普通のハサミを使って切ってしまうと、切った断面がザラザラとなってしまい、広がりやパサツキなどの原因となってしまい見た目が悪くなります。

切る順番は下に分けた毛束から切るようにしましょう。たとえ下の毛束で上手くいかなくても、上の毛束で多い隠すこともできるので修正がしやすいからです。 なお、まっすぐ切る場合には、切りたい長さのところでセロテープやガムテープを貼ります。そしてテープのラインをなぞるように切っていけば、まっすぐに切ることができますし、 切った後の髪の毛が散らばることを防げます。毛先をなじませるためには、毛先を中心にすきバサミで何度も少しずつ切っていくと徐々に他の髪の毛となじんでいきます。

ウィッグのお手入れとカットテクニック